今回は座付き作家について書いて行きたいと思います。

座付き作家とは

基本的には特定の芸能人のブレーンを担当する作家のことです。

その芸能人(主にお笑い芸人)はどうしたら面白くなるか、売れるのかを考え提案したり。

はたまた特定のお笑い芸人の漫才やコントの台本を書いたり

ネタ見せと言って本人たちのネタを見て改善点などを提案をする作家のことです。

きっと放送作家を目指す人は、面白いことを考え表現したい!

と思って目指す人がほとんどのはず。

その「面白い」を人物のプロデュースというような形で表現していくということです。

(プロデュースというとイメージ的に少し大げさかもしれません)

その人物の面白さを引き出すというイメージでもあります。

また、座付き作家は担当するお笑い芸人と密な関係で成り立つことが多いです。

そのため、一緒に苦楽を共にして成功した時には大いに喜びを分かち合いことが出来ます。

やりがいは計り知れないでしょう。

特定の芸能人のブレーン以外でいうと、

劇団やお笑い集団、お笑いライブの劇場・ライブハウスの座付き作家というものもあります。

その集団のプロデュース、ライブの構成やライブ内で行うコーナーの内容など

を考えていくというイメージです。

全体としてどのような活動・表現・演出をすると面白くなるかということを考えるということです。

このように放送作家(構成作家)という職業のやっていることの幅は広いのです。


スポンサーリンク



座付き作家は募集しているの?

さて、そんな座付き作家ですが、募集はしているのでしょうか。

私の感覚的にはどこかしらの団体が募集をしていることが多いです。

見た募集でいうと

・大手お笑い事務所の劇場の座付き作家

・お笑い集団の座付き作家

・お笑い事務所の座付き作家

これらの座付き作家の募集を見たことがあります。

時期によって募集しているところとしていないところがあるので、

常に情報をチェックしておくのが良いでしょう!


スポンサーリンク



お笑い芸人の座付き作家になるにはどうしたらいいの?

お笑いの漫才やコントの台本を考えたりしたい!という場合は

お笑い芸人の座付き作家になる道が考えられます。

ただ、なるにはどうすれば良いのでしょうか。

お笑い芸人の座付き作家になるパターンとして以下のパターンが挙げられます。

・放送作家とお笑い芸人両方のコースがある養成所に通い、
 そこで同期の芸人と仲良くなり座付き作家をやらしてもらう

・もともと芸人で、知り合いの芸人の座付き作家をやらしてもらう

・お笑い芸人の所属する事務所の座付き作家募集を発見する

・ネットの掲示板やtwitterで座付き作家を募集しているお笑い芸人を探す。(難しい)

・知り合いの芸人の座付き作家をやらしてもらう

基本的にお笑い芸人さんも「自分が考える面白い事」を表現するために活動しています。

また、コンビの場合どちらかが台本を書けるということがほとんどです。

ということは、1からお笑い芸人の座付き作家の募集を探すのは難しいと私は思います。

芸人さん側も、

元々知り合いで信頼関係や面白いと思うものの価値観が共有出来ている人には

座付き作家を任せるかもしれませんが、

どこの馬の骨かわからない人に座付き作家をお願いするというのは考えにくいです。

私が思う一番良いなと思うパターンは

・放送作家とお笑い芸人両方のコースがある養成所に通い、
 そこで同期の芸人と仲良くなり座付き作家をやらしてもらう

これです。

きっとお笑いの養成所に入ると同期には色んなタイプの芸人がいるので、

自分と価値観のあう芸人を見つけるにはもってこいの環境だからです。

また、同期というのも夢を追う仲間としてとても良いと思います。

知っておきたい芸能界や芸人のリアル裏事情

芸能界にはも表には出せない裏事情が存在します。

バラエティ番組を手掛ける現役放送作家が業界人脈を駆使して集めた裏事情を収録した本がコチラです。

内容紹介をこちらからご覧頂けますが、かなりインパクトがありますね。

華やかな芸能界という世界だからこそ、裏ではとんでもないことが起きているのかもしれませんね。

私はこういう業界関係者しかしらないような話が好きなのでめちゃくちゃ楽しめました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

芸人生活【電子書籍】[ 井上二郎 ]
価格:723円 (2016/12/30時点)

続いて、こちらはかなりリアルな芸人の生活を描いたものになっています。

芸人の座付き作家をする上でどのようなことがリアルに起こるか想像が出来るかもしれません。

とても現実的に芸人の生活を描いているので夢を持って座付き作家を目指している人は、

もはや見ない方が・・・

電子書籍の「立ち読み」機能で内容を途中まで読めるので見てみても良いと思います。

それでは、

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/

あわせて読みたい関連記事