最近、「ユーチューバー」という言葉をよく耳にします。

そんなyoutuberと放送作家について考察していきたいと思います。

youtuberの動画の構成に作家が入る?

※今回はふと思ったことや私の勝手な妄想が入ってくることをお許し下さい。

YouTuberの動画をみたことがある人はわかるかもしれませんが、

基本的にyoutuberというのは自分で企画を考え実行しているケースが多いです。

例えば、

・コーラにメントスを入れてみた

・すべり台にローション敷いて全力で滑ってみた

・当たりが出るまでガチャガチャをやってみた

などなど各々のユーチューバーが企画をなるべく

被らないように出しているので数多くの企画がyoutube上には存在します。

知っている人にとっては当たり前ですが

「○○をやってみた」動画企画が主流ですよね。

常に新しいやってみたを考えてyoutuber達は動画をアップしています。

最近のyoutuberは事務所に所属して動画を配信したり、

スポンサーが付いている動画をあげたりしています。

それによってある程度お金を掛けて動画を作れるようになったので

より凝ったネタや高価な道具、

大きな仕掛けを用いて企画を組んでいる動画も多くあがっています。

もちろんyoutube広告による収益もあります。

いずれ、動画に費やすお金が「アイデアを買う」ということにも使われたら。

その時に活躍するのが構成作家と呼ばれる人たちです。

企画をバンバン考え、その動画の閲覧数が大きく伸びたら少しは作家の手柄も増えるでしょう。

こうなってくると「youtube作家」みたいな新しい仕事が誕生する日が来る!?!?

いーや、その説を覆しますが(覆すんかい)

youtuberなるものは本質的に

「自分の好きな事や面白いと思ったことを表現・企画して多くの人に面白いと思ってもらいたい」

という考えがあると思います。

なので、人に頼った企画を自分の動画にあげるかどうかと言われれば、

NOでしょう!

結局youtube作家というものは生まれない、

というのが結論です。


スポンサーリンク



youtuberはニコ動でウケたネタをやりはじめている

これは無類の動画好きの私から言わせてみれば一目瞭然!

ニコニコ動画でウケたネタが完全にyoutubeでも流行りはじめてます。

それはどんなネタかというと「過激系」です。

普段、自分ではやれないような、ちょっとチャレンジングなことです。

気を付けないと炎上もします。

ニコ生配信者やニコニコ動画投稿者が過激な感じの動画を配信すると

視聴者や再生回数が伸びる現象があります。

それは、普段自分ではやれない(やらない)ようなことを動画の中でしているのを

見るのが新鮮で楽しいからでしょう。

「はちゃめちゃやる」ということですね。

昭和のテレビもはちゃめちゃで楽しかったっていう人が沢山いるくらいですから、

「はちゃめちゃやる」画というのは得てして需要があるのでしょう。

知らず知らずのうちにyoutuberも「過激な感じの動画って伸びるな」って最近気づきはじめて

それを臭わすようなタイトルにしたり、内容にしていると見受けられます。

確実に本人の黒歴史になるであろう動画もアップされはじめています。笑

ただyoutubeの規制を気にして配慮されています部分も多くあります。

過激なことをしなくても面白い企画は沢山ありますし、

過激系に影響される子供たちも少なからずいると思うので気を付けてねって思います。

子供は「これってネタだよな」って認識にならない場合もありますからね!


スポンサーリンク



おわりに

現在の動画界についての持論でした。

この「ネット動画」業界はこれから著しく変化していくことは間違いないので

また言いたいことがあったらここで発表しようと思います。

それでは、

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/

あわせて読みたい関連記事