今回は、若手芸人や放送作家にとって大事なお金事情の話をさせて頂きます。

芸人・役者・作家などを目指す人にとって意外とシビアな問題になってくるのがバイト。

どのように金策するかというのは今後の自分の活動にも関わってくるところなので、

とても大事だと思います。

また、オーディションや突然仕事を頼まれ時、急にバイトを休みたいなんて事態も・・・

心苦しいけど、店長に電話・・・そして怒られる。。。

こんな体験、若手芸人や役者、はたまた放送作家を目指す夢追い人にはつきものではないでししょうか。

そこでどのように切り抜けたり、

バイトを選択していけば良いかについて書いていきたいと思います。

都合の良いバイトってあるの?

まず、探すであろう「都合の良いバイト」

都合が良いとは、もちろん「急に休める」「週何回入るかを急に変えれる」

という究極のものだと思います。

そんなバイトあるわけ無い!って思いながらも探してみたりしました。

探してみたところ、なんと、あるっちゃあることが判明しました。

募集要項に

「舞台やお稽古などの急なお休みもご相談下さい!」

なんて書いてあるところもあります。

ただ基本的には「急な休みも相談して!」というものでした。

探してみたわかりましたが、夢追い人に寛容なバイトや

夢追い人が多く在籍するバイト先もあるみたいです。

夢追い人の多い職場であれば周りに理解者が多くいると思うので、少し安心です。

アルバイトのサイトのキーワード検索で

「夢」「芸人」「役者」「作家」「急な休み」

とかで検索して引っかかった求人を片っ端から探していきます。

こういったところのバイトの面接に行ってみて、実際話しを聞きにいくと良いと思います。

バイトの面接というはテストという意味合いもありますが、

互いに条件を見合わせるという意味合いもありますので、

自分に合いそうで良さそうなバイトがあったら面接に行くことをおすすめします。


スポンサーリンク



登録制バイト

次に、融通の利くバイトとしては登録制バイトだと思います。

特に突発的に仕事案件が回ってくるバイトを探すがポイントです。

私が知っている限りでは

・イベントのスタッフバイト

・ポスティング・チラシティッシュ配り・PRイベント

・仕分け

・エキストラ

これらのバイトは登録制である時が多いです。

アルバイトサイトでフリーワード検索で「登録制」として検索するのも良いです。

登録制バイトは基本的に数週間後~数日後のアルバイトの案件が回ってきます。

突発的な稽古・舞台・オーディション・その他仕事が無いとわかっている場合は

がっつり働いてお金を貯めることも出来ます。

登録制なので、自分が希望した時だけ働ける場合が多いです。

求人情報や実際に聞いてみたりして判断していきましょう。

検索しやすいアルバイトサイト

ちなみに、アルバイトの検索がしやすいサイトはバイトルですので

これまで説明させて頂いた「フリーワード検索」が画面右上にあるので

良かったら使ってみて下さい。



仲間同士でバイト先に応募

もし、同じ夢を追う仲間などが入れば同じバイト先に複数人で応募するのが良いと思います。

もちろんシフトで入るような人の代わりの利くバイトに限ります。

何かあった時に仲間同士でシフトを助け合える環境のバイトです。

特におすすめなのがオープニングのバイトです。

皆で1からお店を作りあげるというやりがいもありますし、

職場の雰囲気も1から作りあげていくことになるので、

融通の利かせやすい環境にすることも出来るかもしれません。

(店長さんや社員さんにもよります・・・)

業務委託契約や在宅のバイト

時間に自由が利く可能性のあるバイトとして業務委託契約や在宅のバイトが存在します。

「いつまでこれをやってください」というような期間が決まっているバイトなどであれば、

それまでにどのような時間の使い方をしても良いのです。(もちろん時間内に仕事をします)

ただ、業務委託契約や在宅のバイトでも、

労働時間が設けられ連絡が取れるような状態にしておかなければならない

バイトもあるので注意が必要です。

業務委託契約で時間に融通の利くバイトとして有名なのが

こちらの自動販売機の設置場所を探すバイトです。



私の中で「時間に自由がきく」という意味ではこちらの仕事が一番です。

気になった方はぜひチェックしてみてください。

シフト自己申告のバイト

割と融通の利くバイトとしておすすめなのでシフト自己申告のバイトです。

「シフト自由で予定も立てやすい!」とかって書いてあるところです。

ただ、実態というか本質を説明させて下さい。

シフト自己申告のバイト先がバイト達の勤務日を決める流れとしては

・皆から希望シフトを提出してもらう

・シフトを決める人がみんなの都合に合わせて1日ずつシフトを決定

・シフトが足りないないところはバイト達に相談して埋めていかなければならない。

という流れです。

で、ここでシフトを決める人の気持ちになると(主に店長)

・だいたいこの人は週何回入って、何曜日に入ってくれる

というのが分かっていた方がシフトが安定して決めやすいですよね。

いきなり週に5回入っていた人が週2でシフト提出すると

もしかしたら埋め合わせが利かない可能性もあります。

逆に週2で入っていた人ががっつり働きたいからと週5で入りたいとシフト申請を

出しても「もう、シフト埋まってるし・・・」と入れない可能性もあります。

なので、シフト自己申告とはいえ、だいたい週何回何曜日に入れるなど、

ベースは固定になる可能性が高いです。

そこの自由度の話はやはり店によってピンキリだと思うので、

お店の実態や雰囲気を把握できる面接時に聞いてみるのが一番良いと思います。

もしかしたら自分の都合にピッタリなバイトに出会えるかもしれません。

シフト制のアルバイトを探すならシフトワークスが便利です。



役者・お笑い芸人バイト紹介LINE@

友だち追加数

ID検索 @hxu6607y

現在、このような役者やお笑い芸人を目指す人を専門にアルバイトを紹介してくれるLINE@があります。

LINEで情報収集が出来るのは便利ですし、

何よりも役者やお笑い芸人の都合に特化したアルバイトを紹介しているところが驚きです。

気になる方はぜひ友達追加だけでもしてみてはいかがでしょうか。

バイトを掛け持ちするという作戦もあり

特に、登録制のバイトを掛け持ちしておいて

都合の良い日に募集している案件を探しやすい状況にしておくことも出来ます。

1つのところに登録しておいても、自分の働きたい日に仕事を募集していない可能性があります。

なので複数の登録制バイトに登録しておくことで可能性を増やしていく作戦です。

また、シフト自己申告のバイトで、申告した日に入れない可能性があるので

その日に入ることが出来るように突発で入れるバイトに登録しておくなど

という合わせ技も存在します。

変わり種

稼ぐ手段として「不満を買い取ってもらう」というものもあるので、

ご紹介しておきます。



世の中には色んな稼ぎ方があるんですね!笑

おわりに

といわけで今回は芸人や役者・放送作家などの夢追い人の人を対象にしたバイトの

お話しをさせて頂きました。

テレビとかでもお笑い芸人の方が「バイトは○○」をやってました。

みたいなトークをしていますよね!

誰もが通る道なんだなと思います。

それでは、皆さんのご活躍を期待しております。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あわせて読みたい関連記事