恋愛におけるシンクロニシティについて今回は書いていきます。

シンクロニシティとは?

まず、ここから説明していきます。

シンクロニシティとは「意味のある偶然の一致」のことです。

難しい言葉で説明するよりも例で説明した方が良いと思うので

例を挙げてみます。

シンクロニシティ例1

明日の予定が空いてしまい暇なので友人に、

遊びのお誘いをLINEで送ろうと思っていたら、

突然相手からLINEでお誘いがきた。

シンクロニシティ例2

帰り道、今日はカレーが食べたいなぁと思いながら

帰っていたら、偶然夕飯に親がカレーを作っていた。

このような例があります。

実際こういうことって、たまーにあると思います。

要するに、シンクロニシティとは

ある時に意味のある偶然が、まるで偶然ではなく

何らかの意味や意志があるような形で突然起こるというものです。

例2で言えば、自分の「カレーが食べたい」という意志が親に伝わったかのように

その日の夕飯で親がカレーを作ってくれていたみたいなことです。

恋愛におけるシンクロニシティ

恋愛におけるシンクロニシティ例1

中学生の時の同級生(ある特定の)と、最近よくすれ違う。

最寄り駅以外にも、えっ!ここでも!といった場所でも。

恋愛におけるシンクロニシティ例2

会社で気になっている上司と

飲み会で席が隣とか近い場所にたまたまなることが多い。

何か、人とご縁を感じさせるような出来事のことですね。

ここで僭越ながら、

私の恋愛におけるシンクロニシティの体験談も1つ紹介します。

高校生の当時の私には、なんとなく気になっている異性の相手がいました。

ある時、席替えがあったのですが、偶然その人と席が前後になったのです。

そこから話すきっかけが生まれ、仲良くなっていきました。

そして、その数カ月後にその方とお付き合いするまでに至ったのでした。


スポンサーリンク



分析

この私の例の場合、シンクロニシティ自体に気付くことが出来たのが

まず良かったのかなと思います。

「あっ、気になってる人と前後になった!」と。

更に、自分が行動に移せたことが上手くいく流れになった要因だと分析しています。

「偶然気になってる人と席が前後になることが出来たし、お話ししなきゃ」と。

そのことが自分にとって良い流れに導くことが出来たのかもしれません。

「運命」とは運ぶ命と書きます。

私自身が私自身を良い流れに運んであげることが、運命を切り開くことに

大切であるとその時に学びました。


スポンサーリンク



私が思う恋愛におけるシンクロニシティで大事なこと

・シンクロニシティに気付くこと

・行動すること

この2点です。

例えば、同級生となんとなくよくすれ違う時があったとしましょう。

何か気になるけど声を掛けない。。

これでは、次なる展開へと自発的な行動をしていないので、

チャンスを逃してしまっている状況と言えます。

「行動すること」

が出来ていないことで、自分を幸せなパラレルワールドへと導くことが出来ていないのかも

しれません。

自発的に行動することで恋愛におけるシンクロニシティは意味のあるものになる可能性が

高くなるのではないのでしょうか。

以上です。読んで頂きありがとうございました。

あわせて読みたい関連記事