ソウルメイトと出会い結婚出来たらどれだけ幸せなことか。

今日はソウルメイトと出会い結婚するにはどうしたら良いかも

含めて具体例を見ながら考察していきたいと思います。

ソウルメイトとは?

ソウルメイトとは人が輪廻転生をする中で、前世や来世でも魂のレベルで

ずっと何かで関わり合っているような存在です。

例えば、前世では親友とも呼べる仲の良い男友達の二人が、

来世では男女として結婚する程の縁で、

更に来世では師匠と弟子のような関係で出会っている。

想像ですが、このように輪廻転生を繰り返しても

その世で常に深い関わり合いがあり、互いに高め合える関係であるということです。

ソウル同士が高め合える関係だからこそ、互いに求め合おうとします。

そんな、ソウルメイトと出会い結婚出来たら一番良いですよね。

ソウルメイトと出会った時の感覚とは?

ソウルメイトは前世でも関わりの合った可能性が高いですから、

会った時には「何となく懐かしい」感じがしたり、

会って間もない頃から二人でいても「不思議と落ち着いたり」

「居心地の良い関係」であることがあります。

また、魂同士が高め合う関係ですので、

「切磋琢磨し合える」仲である可能性もあります。


スポンサーリンク



ソウルメイトであろう夫婦・結婚の具体例

世界にはソウルメイトであるのではないかと疑わざるをえない出来事があります。

短くまとめますが、今からそれを紹介致します。

ある老夫婦のお話です。

その昔、若いころ二人は出会い、そして惹かれ合い結婚をしました。

いつもいつも二人は一緒にいる程の仲良しでした。

若いころから老人になっても二人は一緒にいることに飽きたりなんかせず、

いつまでも愛し合っていました。

時は過ぎていき、年齢を重ねた二人は同時期に病気になって入院をしました。

入院をしていても二人は隣同士のベッドで寝ていました。

二人はもうだいぶおじいさんとおばあさんなので、天からのお迎えの時が近いような状況でした。

時は過ぎ、ここでまた二人は同時期に病気の状態が重くなっていきます。

その老夫婦の仲睦まじい関係を知っていた病院の看護師さんたちは、

二人の最期の時を一緒に、そして、出来るだけ近くで過ごしてもらおうと

二人のベッドを横並びにピッタリくっつけてあげたのです。

そして、二人は最期の時が来るまで手を繋いでいたのでした。

そうしているうちにおじいさんが息を引き取ったかと思うと、

心拍だけはまだ続いていたのです。

その心拍というのは一緒に手を繋いでいるおばあさんの手から伝わる

心拍のリズムとちょうど一緒だったのです。

これには看護師さんたちも驚いていたようです。

そうしているうちに徐々に徐々に二人の心拍は弱まっていき、

二人一緒に最期の時を迎えられたのでした。


スポンサーリンク



感想

今このブログを書いている時に、何だか凄く胸から感動してしまいました。

このお二人は余程のご縁で結ばれ、必然的に結婚されたのではないかというくらいの

印象を受けるお二人です。きっとソウルメイトにあったと私は思います。

そのソウルメイト同士が出会い結婚出来たこと、とっても羨ましいです。

この話を聞くとソウルメイトに出会い、結婚したいなぁという気持ちが

強くなりました。

そのためには常にソウルを磨き続けなけれならないと思います。

それでは、皆さんがソウルメイトと出会い、ご縁があって結婚することを祈りつつ

終わりにしたいと思います。

それでは読んでいただきありがとうございました。

あわせて読みたい関連記事