今回はLSDランニングとダイエットについて書いていきたいと思います。

私は大学で体育会の部活に所属していたのですが、

そこで教わった、LSDランニングというものをお話したいと思います。

LSDランニングとは?

まず、LSDランニングってあまり聞き馴染みないと思います。

LSDランニングとは(Long Slow Distance)の略のことを言っています。

具体的には、長時間(1時間以上)を歩くよりも遅いペースで走る。

というものです。

LSDランニングはネットで調べると諸説あるようです。

しかし、長時間×超ゆっくりペースで走る

という基本的なスタンスは変わらないみたいです。

LSDランニングはよく長距離のランナーに対して行われるトレーニングのようです。

または、長距離のランニングをする能力を必要とするスポーツ選手です。

サッカーなどですね!


スポンサーリンク



効果

効果はどういう効果があるかというと、

筋肉中における毛細血管の密度を高める

らしいのです。どういうことかというと、

そもそも、このランニングは息が上がってしまうようなものではなく、

すなわち、肺活量を鍛えるためのものではありません。

なにを鍛えるかというと、筋肉中の血管の酸素と二酸化炭素の運搬能力を鍛えるというものです。

そうすることで、持久力のある身体を作ることが出来ます。


スポンサーリンク



ダイエット効果

このLSDランニングはダイエットに効果はあるのでしょうか。

これは、もちろんあると思います。

なぜなら、まず長時間走ることによる脂肪燃焼を促進できると思うからです。

また、持久力が付いていくので、一回で走れる量をどんどん増やすことが可能です。

更には、歩くよりも遅いペースで走りますので、モチベーションを維持することができます。

なので、私はLSDランニングはダイエット効果があると考えています。

なによりも始めやすさが嬉しいと思います。

運動をしていない人が急に1時間走ると、怪我をする可能性が高いので、

最初はホントに10分から始めてみて、

20分、30分と徐々に上げていくのが良いと思います。

目標は1時間という風にすると良いと思います。

それではご覧頂きありがとうございました。

あわせて読みたい関連記事