今回は2016年の1月6日に起きた北朝鮮の地震について書いていきたいと思います。

情報によるとその地震は人工地震(人が意図的に起こした地震)

である可能性があるという報道でした。

更に、その理由や原因については核実験である可能性があるとのことですね。

近くの国ということもありとても怖さや不安がありますね!

そこで今回は北朝鮮の核実験場とされる場所を確認していきたいと思います。

咸鏡北道吉州郡(ハムギョンプクトキルジュグン)

北朝鮮の咸鏡北道吉州郡(ハムギョンプクトキルジュグン)という場所で

人工地震の震源地として感知された場所みたいですね!

グーグルマップはコチラから

ちなみに、人工地震と本物の地震(自然地震)の見分け方はwikipediaによると

P波の波形が単純で立ち上がりが比較的鋭い、震源の深さがほぼ0であるなどの特徴があり、自然地震による地震動との判別は可能である。

ということみたいです。

中学生の時に習った理科を思い出します。

p波とs波があってそれぞれ伝わる速度が違うから

時間差生まれるというものだったと思います。

確かに、地震がくる時って最初に縦揺れが始まって、そのあとに横揺れが始まります。

自分自身が地震を感じやすい家にいるときなどはわかりやすいですね。

また、人工地震の例としては工事による振動があると思います。

私は一軒家なのですが、最近近場で建設工事をしていて揺れスゴイです。

3階建ての3階で普段過ごしているので、工事があるときは震度2~3くらいは感じる勢いです。

そんなわけでこういった工事現場からくる揺れも人工地震と言われているみたいです。

ここで、関連して北朝鮮の潜入ルポの動画をご紹介しておきたいと思います。


スポンサーリンク



北朝鮮で人工地震の原因や理由の真相は?

人工地震と自然地震で伝わる揺れの波形に違いが出るということがわかっている以上、

今回の地震は本当に人工地震であった可能性があるみたいですねぇ。

そもそも、地震だけでも怖いのにその原因が核実験であるというのが更に・・・

まだこの北朝鮮の地震騒動は報道されたばかりなので、

真相についてはこれから深く調査がされるのだと思います。

おわりに

それでは、

最後まで読んで頂きありがとうございました。

あわせて読みたい関連記事