今回は、塾講師のバイトがブラックかどうかについて

お話したいと思います。

私は個別指導塾を3校経験しているのですが、

その経験から見えてきたことをご紹介出来ればと思います。

塾講師バイトはブラック?

塾講師のバイトを探していると「塾講師 ブラック」

というキーワードを目にすることがあります。

塾講師のバイトやってみようかなぁ。って思ってる時に

見ると「ブラックだったらどうしよう!?」と

気になって仕方がありません。

結論から言うと、

ブラックとブラックではない塾があると思っています。

次は、その見分け方をご紹介していきたいと思います。

塾がブラックかどうかの見分け方

まず、現場を見てみないとわからないところは多くあります。

なので、まずは見学をすることが大切だと思います。

「バイトとして働きたいと思いっているので見学をさせて欲しい」

という旨の電話を入れ、

承諾を得たら見学させてもらうと良いと思います。

塾によっては「その前に面接させてくれ」

ということを言ってくる可能性もあります。

その時はバイトとして働く可能性があるので

面接を済まして見学をするのが良いと思います。

見学で見るべきポイント

授業外の業務はどうなっているか?

授業外の業務は何をしているのか見てみましょう!

日報を書いたり、

生徒とコミュニケーションを取ったりしているかもしれません。

とにかく「授業外はこんなことしてる」

を把握しておくことでその授業外業務を把握しましょう。

塾長はバイト講師にどのような指示を与えているか

例えば、

「この科目教えられる?」

「残って日報書いてって」

などなど、実際自分が入ったときに

やるであろう仕事の指示は聞いておいたほうが良いでしょう。

塾長の指示=仕事

だと思って良いので、バイトの募集要項なんか見るより

よっぽど細かいところまで仕事内容を把握することが出来ます。

バイト講師の帰る時間はどのくらいか

例えば、コマで給料の出る塾があったとします。

そうすると必然的にコマ中(授業中)以外は

給料が発生していない状況です。

授業以外でもしっかり仕事をしており、且つ

コマ給である場合は注意です。

その授業外の業務は給与の対象外としている可能性が高いです。

授業外の業務があるのに、コマ給しか支払われない可能性アリです。

しかし、授業外業務も給料が入るとしている場合は

「書いてある時間よりも少し働けて、ちゃんと給料も出るんだなぁ」

みたいに思っておくと良いでしょう。

塾長や講師同士の雰囲気

働きやすいかどうかは現場の雰囲気に左右されます。

言わずもがなですが、見ておく必要のある要素の一つですね。

自分に合う合わないってところを見てみましょう。


スポンサーリンク



大手塾と個人塾の私が思う傾向

大手塾の塾長は基本的に、生徒の成績の上がり方や、

生徒数を集められているかなどを上司に報告しなければなりません。

状況が悪くなればなるほどバイト講師への要求も高くなってきます。

塾長は「上司に怒られたくないし何とかしなきゃ」と

必死に運営をしますので、

バイト講師にかかる圧も少しは強くなります。

それが、ブラックな労働をさせる引き金になっている場合もあります。

色々な決まり事や会社理念も整っている大手塾は

こういうことが起こる要素があります。

個人塾の場合、

塾長が一人の完全にワンマン運営のところが多いです。

なのでその塾の働き方やシステムは塾長が全て握っています。

例えば、

「講師は授業だけやってもらい、バイトが終わったらだいたいすぐ帰ってもらう」

「講師には保護者対応もやってもらおう、その代わり給料も高くしよう」

「講師にはチラシ配りもやってもらおう」

のように、どこまでバイト講師にやってもらうかはその塾長次第です。

個人塾は雰囲気からシステムまで、一件一件違います。

見学に行かれる際は自分に合うか見てみると良いと思います。


スポンサーリンク



大手塾と個人塾のメリットデメリット

大手塾は研修システムがしっかりしている確率が高いです。

しっかりと研修を得てから講師デビューをした方が

安心して働くことが出来るメリットがあります。

デメリットとしては、

決められた規則には従わなければ

塾長から煙たがれるところです。

組織として成り立っているので、

授業を進める時など、それぞれの企業のやり方が確立されている場合、

それをこなさなければなりません。

日報の書き方一つから細かく決まっている場合もあるでしょう。

そこが守れないと塾長などに注意されるのは当たり前です。

個人塾の場合は、研修システムが充実していない可能性が高いです。

私なんかはいきなり「慣れれば大丈夫だから、とりあえず授業入ってみよっか」

から始まりました。

練習なしでいきなり生徒に「先生!ここわかんない!」って感じでした。笑

メリットとしては、授業外の業務が少ないところが多いです。

個人塾なので、基本的に塾長が生徒の様子を把握していれば良いので

塾長から上司への報告もありません。

その分仕事が無いといっても良いかもしれません。

ルールや規則なども良い意味でガチガチというわけでもないので

自分の裁量で授業を工夫するチャンスがあったりする可能性があります。

自分が必死に工夫して仕上げた授業で生徒の点数が上がったときは

格別嬉しいかもしれません。


スポンサーリンク



感想(体験談・口コミ)

塾講師バイトとして3校で働いたことがありますが、

その塾がブラックかはネット上の情報ではおそらくわかりません。

なので、まずは見学することをオススメしています。

私は、今のところ2校が普通で1校がブラックでした。

私は見学をせずに働いていたので、

現場に入って初めて体験してブラックかどうかを体験しました。

やはり心配になって、

ネットの口コミや体験談や感想を見てから応募しましたが、

行って初めてわかる情報がほとんどですし、重要です。

なので、塾講師の募集している塾を片っ端から見ていました。

もし、迷っていたらとりあえず見てみると良いと思います♪

それでは、

私の塾講師のブラックバイトの見分け方や体験談感想について

ご覧頂きありがとうございましたo(^▽^)o

あわせて読みたい関連記事