阿藤快さんの死因が

「大動脈破裂胸腔内出血」であったことがわかりましたが、

この大動脈破裂胸腔内出血というものが気になりましたので、

調べてみました。

大動脈破裂胸腔内出血の兆候は?

阿藤快さんが訴えていた兆候として

「背中の痛み」が挙げられています。

また、ピーターさんが下町ロケットで

共演された時は、阿藤快さんが多く汗を

かいていたことに心配されたみたいです。

真性大動脈瘤の多くは破裂しない限り無症状らしいのですが、

大きくなっていくと周囲の組織を圧迫して、

胸部大動脈瘤

→咳、血痰、胸痛、背中の痛み

腹部大動脈瘤

→腰痛や腹痛など

という兆候が見られるみたいです。

この段階まできてしまうと破裂する危険性が高まっている状態であり、

大動脈瘤が大きくなって破裂してしまう危険性があります。

ということは、阿藤快さんの症状から言うと

胸部大動脈瘤があったことが予想されます。

「背中が痛いのは心臓が悪いことが多い」

という噂を耳にしますが、

このことからきているものだと思います。

大動脈破裂胸腔内出血の兆候として、

背中の痛みというのは考えられるものということです。


スポンサーリンク



汗との関係

また、汗に関してですが、

その「背中の痛み」からくる「油汗」なのではないかなと

考えられます。

背中の痛みがある中で、

それを我慢して仕事に取り組んでいらっしゃった阿藤さんの

状況を考えると「油汗」だったのではないかと思います。

タモリさんが阿藤さんのことを「芸能界一いい人」というくらい

なので、痛みを我慢して周りと接したり仕事をしていた可能性は

十分にあります。

タバコとの関係

阿藤さんは10年以上前に禁煙に成功しているみたいです。

しかし、禁煙に成功しているからと油断は出来ません。

前にタバコを吸っていた人は動脈硬化が起こっている可能性

自体があるみたいです。

なので、危険な状態になるかもしれないリスクがあると、

意識する必要があります。

タバコを吸うことによって、

血管が収縮し、一時的に血圧が上がります。

また、血液の流れを悪くし、血液が固まりやすくなり、

動脈硬化の原因となります。

長い喫煙習慣があった人は、こういったことが体で

起こっているかもしれないと危機意識を持つことが

大切であるといえます。

あわせて読みたい関連記事